amazon music HD という化け物

2019年秋にamazon music HDがスタートした時に衝撃を受けて以来、音楽の聴き方やコレクションのスタイルが全く変わってしまった。

何しろamazonで販売しているCDのほとんどをCD音質またはハイレゾで聴けるという「夢のような話」だからだ。

【料金設定】

  • 通常会員は月額1980円
  • プライム会員なら月額1780円
  • プライム会員で年払いすれば17800円

月額1780円といえば約CD1枚分でしかない。
その料金で、amazonにある音源が、いつでも聴けるってね。

【利用方法】

使い方としては、気に入ったアルバムあるいは曲単位でコレクションに追加出来る。
また独自のプレイリストを作る事も出来るので、自分好みのコレクションを自在に管理出来るわけです。

PC用、スマホ用のアプリが用意されています。ブラウザ上でも聴けますがハイレゾ対応はアプリを使った時だけ有効なようです。スマホアプリではダウンロード(MP3)も出来るのでパケットの心配も不要で、カーステレオに繋げて使えばロングドライブでも楽しく使えます。

【amazon music HDで聴けない音楽の種類】

  • アメリカ発売以外のCDが弱いようです。日本、ヨーロッパ独自のもの
  • コンピレーション系が少ない。ほぼ無い

なのでJ-POPなど和モノをメインに聴く人には向いていないです。
これはamazonだけでなく、他の音楽サブスクも同様です。
日本はIT全般が弱く、音楽界も出版界もダメですね。

【コレクターの終焉】

amazonにある音楽のほとんどが自分のモノになる事で、CDコレクターはもう自慢してみようがありません。さすがに個人で100万枚単位で所有するのは不可能ですから。これからのコレクターはamazonで販売していないニッチなジャンルだけに向かうしかないでしょう。

【今後amazon music HDに望みたいこと】

ライナーノーツが無いので、PDFなどで読めるようになるといいですね。
ハイレゾ化は順次進んでいるようですが、更なる拡充を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です