Hampton Hawes “FOUR!”

Hampton Hawes(p)
Barney Kessel(g)
Red Mitchell(b)
Shelly Manne(ds)

当時のContemporaryレコードの中心となっていたメンバー4人による
スピード感あふれた1958年録音のアルバムです。

このレコードを購入した頃、ハンプトン・ホースの評価は日本では、そう高いものではありませんでした。
ひねくれ者としては、よし彼のレコードは自分が片っ端から集めようと思ったのです。
考えてみればよくわからない動機です。

当時はバド・パウエルとかウィントン・ケリーとかの方がどちらかといえばメジャーでした。
ハンプトン・ホースも御多分に漏れず薬をやっていた時期もあったようで、演奏にはばらつきがり、出来・不出来の差は激しく、駄作も結構あって外れのレコードも結構ありましたが、この1枚は白眉と言ってもいい出来です。

一部のJazzピアノに歩いがちなドロドロしたところが全くなく歯切れのいい爽やかなタッチとスピード感溢れる爽快さは群を抜いていて、未だに愛聴盤です。

 


amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です